女性のウェスト

安全に脂肪除去

ハートの形をした測り

美容外科でダイエットを希望する人の選択肢として、脂肪吸引が王道です。
脂肪吸引には、切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引があります。
この2つのうち、安全性が高いのは切らない脂肪吸引です。
その名称の通り、切らない脂肪吸引は皮膚を切開することはありません。
皮膚の上から専用の機械を使って脂肪細胞を破壊し、脂肪除去を行います。
そのため、体への負担が最小限ですみ、安全にダイエットが行えるのです。
また、治療後の痛みや腫れ、内出血などの副作用も短期間ですみます。
そのため、日常生活にあまり影響が出ることなく治療が受けられるわけです。
切らない脂肪吸引は、切る脂肪吸引に比べると吸引量が少ないです。
そのため、しっかり脂肪除去を行いダイエット効果を得たいという人であれば切る脂肪吸引の方が向いているといえます。
ただ、皮膚を切開することはないため、肌が傷つくことはないというのも切らない脂肪吸引の魅力の1つです。

切らない脂肪吸引では、”ライポソニックス”や”ゼルティック”などの機器で治療が行われます。
ライポソニックスは、皮下脂肪に厚みがある人向けの治療です。
超音波の熱で、脂肪細胞を破壊するので、リバウンドが起こりにくいのが特徴です。
切らない脂肪吸引のなかでも、トップクラスの吸引力があるといわれています。
ゼルティックは、皮下脂肪に厚みがない人でも受けられる治療です。
冷却することで脂肪細胞を破壊するため、こちらもライポソニックス同様にリバウンドが起こりづらいといった特徴があります。
ライポソニックスやゼルティックなどの切らない脂肪吸引でも、十分なダイエット効果を得ることができます。
そのため、皮膚を切開するのが怖いという人は、切らない脂肪吸引でダイエットをするのがおすすめです。