女性のウェスト

部位別にみる治療法

お腹をつまむ様子

美容外科にて脂肪吸引を行う際には、どの部位にはどの治療法が適しているのかが異なります。
美容外科でのダイエットで”二の腕”は人気の部位の1つです。
「二の腕が太くてお洒落が楽しめない」と悩んでいる人は多くいます。
二の腕を自力で細くするということもできますが、それでは時間がかかってしまいます。
そんなときにおすすめなのが、すぐにダイエット効果を感じられる脂肪吸引です。
二の腕の脂肪吸引は、切る脂肪吸引であればジェット水流で脂肪を分解、吸引する”ボディジェット”や皮下脂肪を90%除去できる”ベイザー”などが適しています。
切らない脂肪吸引であれば、超音波の熱で脂肪細胞を破壊する”ライポソニックス”や超音波と高周波の2種類を使って脂肪細胞の破壊と排出を行う”ウルティマアンサンブル”などがおすすめです。

お腹は太りやすく、ダイエットするとなると一苦労してしまうといった厄介な部位です。
お腹が太っていると、ピチっとしたズボンやスカートが履けず、おしゃれを楽しめなくなってしまいます。
そんなときに活用したいのが、美容外科でのダイエットです。
お腹も、二の腕同様に人気のある部位です。
切る脂肪吸引であれば、皮下脂肪を多く除去できる”ベイザー”や吸引と注入を同時にできる”ベイザー・ミケランジェロ”などが適しています。
切らない脂肪吸引であれば冷却して脂肪細胞を破壊する”ゼルティック”や熱エネルギーで脂肪細胞を破壊する”ライポソニックス”などがおすすめです。

二の腕やお腹以外に、太ももが気になるという人も多いはずです。
というのも、美容外科にて太もものダイエットを希望する人は多いからです。
太ももが太いと、ピチっとしたズボンが入らず、また短いズボンやスカートを履くにも抵抗が出てきます。
そんな太もものダイエットには、美容外科で受けられる脂肪吸引が効果的です。
太ももには、切る脂肪吸引であればジェット水流で脂肪を分離する”ボディジェット”や厚みのある脂肪層まで除去できる”ベイザー”が適しています。
切らない脂肪吸引であれば、超音波と高周波で引き締め効果がえられる”ウルティマアンサンブル”、脂肪細胞にだけ反応する”ウルトラアクセント”などがおすすめです。